スポンサーリンク

原鶴温泉

更新日;2017.01.15

福岡県原鶴温泉について

美肌効果のある弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉の二つの泉質を合わせ持つ原鶴温泉。

湧出量豊かな原鶴温泉は、ph8前後からの弱アルカリ性単純温泉、
ph8・5以上のアルカリ性単純温泉と単純硫黄泉の主に3種類の泉質があります。

アルカリ性の温泉は、石鹸と同じ役割を果たすため、皮膚表面の古い角質をふやけさせて落としやすくし、肌をきれいにします。石鹸効果とツルツルスベスベ感は、原鶴の弱アルカリ性の単純温泉も同じです。
また、保温効果のある重曹成分も含まれており、きれいになった肌をしっとり優しく保ちます。

硫黄泉に含まれている硫黄成分も、古い角質を落とし、さらに余分な皮脂を取り除いてくれます。角質層に含まれるメラニンも落とすとされ、しみが薄くなったり、肌が白くなったように感じられます。硫黄成分は日光に当たると皮膚に薄い膜をつくってカバーし、紫外線から肌を守ってくれます。

立ち寄り湯 / 宿泊施設

スポンサーリンク
シェアする
九州の温泉旅行・日帰り温泉巡り