長湯温泉

更新日;2017.01.15

大分県長湯温泉について

大分県長湯温泉は源泉本数50本を超え、約4500L/分の湧出量を誇る源泉のすべては日本一の炭酸泉と呼ばれる炭酸泉(炭酸水素塩泉)です。炭酸ガスは体内に吸収され毛細血管を拡張し、血液の循環(血行)をよくする効果があり別名(心臓の湯)とも呼ばれる。

また、2015年温泉法新基準に基づき、環境省が指定する国民保養温泉地に選ばれた。現在は全国で5か所

久住高原リゾート温泉郷

立ち寄り湯 / 宿泊施設

PAGE TOP