熊本県山鹿温泉について

山鹿日帰り温泉巡りについて

山鹿温泉

山鹿温泉(やまがおんせん)は、熊本県山鹿市にある温泉で毎月8月には「山鹿灯籠まつり」が有名である。

 

温泉街

旅館・ホテルは約20軒ほどで、規模としては熊本県内としては規模が大きい。歴史の古い温泉として風情を強調しており、その歴史は明治時代に愛媛県道後温泉を模して温泉街を作ったと言われている。

山鹿日帰り温泉巡りも複数の旅館・ホテルが受け入れており観光客を楽しませている。

泉質

・アルカリ性単純温泉  非常になめらかで美肌効果あり刺激が少ないので脳卒中のリハビリなどに利用され、「美肌の湯」・「中風(脳卒中)の湯」・「神経痛の湯」とも言われる。

共同場

さくら湯

元々は道後温泉本館を建てた棟梁を招いて建築したものである。1973(昭和48)年の再開発により「プラザファイブ」というビルの一部となり、再開発前の建屋で保存されたのは入口の破風のみであった。内部は近代的で一見プール状になっていたが、ライオンの注ぎ口から流れ出る湯は山鹿温泉の特徴であるなめらかさを十分に保っていた。プラザファイブビルの再々開発に伴い、2011(平成23)年7月から往時の趣をもった建物の再建(新設)工事が行われており、2012(平成24)年10月頃に完成、再開湯される。主として近隣住民が利用している。また、以前の入口前に飲泉設備があり、24時間飲用可能な湯が出ている。

https://kyusyu-onsen.com/

歴史

山鹿温泉は熊本県内で最も歴史のある温泉地の一つであると言われ、伝説によると、保元の乱京都から敗走した宇野親治が山狩りをしていたところ、傷を負った鹿が湯に浸かっているのを見て、この温泉を発見したとされる。温泉名で地域名ともなっている「山鹿」もこの開湯伝説に因む。

承平年間に記された『倭名類聚抄』に既に山鹿の名が載っており、平安の昔から美肌の湯として知られていたといわれている。

宿場町としても繁栄した江戸時代には「山鹿千軒たらい無し」と謳われるほど賑やかであった。宇野親治が鹿を発見した場所に城主の湯屋が設けられ、御前湯が置かれた。

1923年1960年まで山鹿温泉鉄道が営業していたが、水害により廃線となった。

2006(平成18)年11月には、菊池川流域の玉名温泉菊池温泉植木温泉の3温泉地とともに「菊池川温泉郷づくり協議会」を発足させ、「菊池川温泉郷」ブランド化を目指して共通商品や広域観光ルートの開発などに取り組んでいくことになった。

 


(出典 wikipedia / 山鹿温泉観光協会 / さくら湯)